ダイエット効果が得られる

青汁

青汁がなぜダイエットに効果的かというと、製品にもよりますが青汁の材料によく使われているケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜は、食物繊維の宝庫と言われるくらい他の野菜に比べて圧倒的な量の食物繊維を含んでいます。青汁がダイエットにオススメと言われるのは、この食物繊維の量が背景にあると言われています。食物繊維を摂取すると、腸の働きが活発になり理想的な排泄サイクルに導いてくれることが期待できます。青汁を飲み続けることで、便秘が解消されると体重そのものも一時的に減る場合があるため、「痩せた」と感じる方が多いようです。便秘解消による体重の減少は一時的なことですし、体脂肪率も変わらないため、本当のダイエットとは言えません。体重の減少はダイエットにおいて最も気になる点ですが、ただ減らせばいいというものではありません。消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスを考えて体重を減らすこと、つまり脂肪を燃やすことが重要です。脂肪を燃やす際にはビタミン(主にビタミンB群)やカルシウムなどのミネラルが必要です。ただビタミンやミネラルを摂っただけでは、脂肪を燃焼することはできません。ご存知の方も多いと思いますが、運動とセットにすることが大切なんです。脂肪を燃やしやすくするために運動をするときは青汁を飲むという利用法ならば、ダイエットに有効的と言えます。人気のダイエット法のひとつに食事制限がありますが、単純に食事を抜いたり量を減らすと筋肉まで落としてしまう可能性があるため注意が必要です。摂取カロリーを減らすことは大事ですが、栄養バランスを考えない節制は体調不良を招いたり、リバウンドのリスクを高めてしまいます。食事制限をするときは、必要な栄養素はしっかり摂って、総カロリー量を減らすことが理想です。青汁には食物繊維も豊富に含まれるため、食事制限によるダイエットのサポートが期待できると言えます。ただし、青汁の栄養価が高いからといって1食分を青汁にするような置き替えダイエットは行わないでください。置き替え用のダイエット食品は、1食分のエネルギーや食事としてのバランスが考えられて作られています。しかし、青汁の場合はエネルギーとなるすべての栄養素が含まれてはいません。あくまでも食事のサポート的存在として利用するようにしましょう。