飲みやすさを追求

青汁

長期的に青汁を飲み続けるポイントは「飲みやすさ」です。どうしても苦いというイメージがあり、飲んだこともないという方も多いのではないでしょうか。そこで飲みやすさを追求した青汁を調べてみました。まず、クマイザサ粉末をたっぷり配合しており冬でも枯れずわずかな光でも光合成を行なえ、なんと60年の寿命を誇る生命力に溢れる植物を配合した青汁があります。お腹をスッキリ、健康やキレイの基礎となる食物繊維はなんとさつまいもの約29倍、レタスの約60倍と圧倒的で、しかもカロテンはかぼちゃの約16.6倍、ビタミンEは大豆の約8.7倍も含まれており、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルも群を抜いています。またイソマルトオリゴ糖は善玉菌の一種であるビフィズス菌の活動を活発化させ、増やす働きを持っている栄養成分で、さらに善玉菌を増やすと言われるお米由来の乳酸菌のラクトバチルスカゼイを配合しています。スルスルっと出す力をサポートし、体の中からピカピカに輝くお手伝いをしてくれます。また醤油や味噌、納豆をはじめ、日本各地に伝わる発酵食品の文化である伝統的な技を受け継ぎ、約40種の植物を発酵・熟成、栄養価を約20倍にギュッと凝縮したエキスを配合しました。発酵させることで1つ1つの植物の力を効率よく摂取できるようになると言われています。野菜が不足しがちな毎日にオススメです。さらに定期便での購入なら毎回送料無料で利用することができます。まだ青汁を試したことが無いという方は一度利用してみてはいかがでしょうか。